藤崎彩織(セカオワ)の直木賞選出理由は?ふたごは深瀬との実話?

日本の人気バンド、

SEKAI NO OWARISaoriこと藤崎彩織さんが、『直木賞』にノミネートされました!!!

ライブでは総合演出を務めたり、

レコーディングではディレクターとしてバンドを指揮したり、

音楽家として多彩な才能を発揮していたSaoriさんですが、

執筆活動においては『藤崎彩織』として、本名で大活躍されています。

今回は、才能に満ち溢れた執筆家『藤崎彩織』さんについてお伝えしていきます。

そもそも直木賞とは?芥川賞と何が違うの?

そもそも藤崎彩織さんがノミネートされた直木賞とは一体何なのか、お伝えしていきます。

芸能界の文豪といえば、お笑い芸人の又吉直樹さんが有名ですよね。

又吉さんが受賞したのは、2015年の『芥川賞』。

一方で、今回藤崎彩織さんがノミネートされたのは、『直木賞』。

そもそもこの二つは、どのような違いがあるのでしょうか?

『芥川賞』と『直木賞』、セットにされることが多くありますが、

対象となる作品自体が違います。

『芥川龍之介賞』、

通称『芥川賞』は、純文学作品が対象です。

”娯楽性”よりも”芸術性”に重きが置かれています。

よって、発行部数を増やしたい!という

商業思考で判断されないのが特徴と言えますね。

作者独自の芸術性がいかんなく発揮された作品と言えます。

『直木三十五賞』

通称『直木賞』は、大衆文学作品が対象です。

”芸術性”よりも”娯楽性”に重きが置かれています。

よって、こちらは発行部数を増やしたい!という商業思考が存分に発揮されています。

私も読書が好きなのでよく読みますが、直木賞の作品の方が大衆向けなので、

比較的多くの方が読みやすいのは、”直木賞”の方ではないかと思います。

おさらいですが、

今回藤崎彩織さんがノミネートされたのは『直木賞』です。

 

執筆家 ”藤崎彩織”

ミュージシャンとしてのSaoriさんは、

ライブで総合演出を務めたり、

サウンドレコーディングではディレクターとしてバンドを指揮したり、

作詞・作曲も積極的にされています。

余談ですが、音楽の教員免許も持っています。

プライベートとしての藤崎彩織さんは、

2017年の1月に俳優の池田大さんと結婚。

同年8月にはお子さんを出産しました。

結婚!出産!ノミネート!

2017年は藤崎さんにとって、非常に濃い一年となりましたね!!

そして、執筆家としての『藤崎彩織』さんはと言えば

、、、

実は今回直木賞にノミネートされた『ふたご』が、小説デビューだったんです。

やはり天才ですね!!

ちなみに、藤崎さんの趣味は読書で、

積極的に本のレビューを書いたり、雑誌の『Marquee』では個人の連載もされていたそうです。

本好きの藤崎さんにはとても光栄なことでしょう。

あっぱれです!!!

 

『ふたご』の相手は深瀬?

”『ふたご』の相手はヴォーカルの深瀬では!?”

という噂が飛び交っています。

SEKAI NO OWARIファンの方でしたら、

おそらくあらすじを見ただけでピンとくる部分が

多くあるでしょう。

大切な人を大切にすることが、こんなに苦しいなんて

彼は私の人生の破壊者であり想造者だった。

異彩の少年に導かれた少女。その苦悩の先に見つけた確かな光。

執筆に5年の月日を費やした、SEKAI NO OWARI Saoriによる初小説、ついに刊行!

(出版社『文藝春秋BOOKS』より引用)

藤崎彩織さんは、幼い頃にいじめを受けていたそうですが、

一つ年上の深瀬さんとの出会いで、人生が大きく変わったというのは有名なお話です。

のちに本格的な音楽活動を開始し、SEKAI NO OWARI』が結成されました。

深瀬さんがいなれば、

今の音楽家としてのSaoriさんはいないですし、

当然執筆家としての藤崎彩織さんも存在しません。

小説の内容までお伝えするのは避けますが、

これに関しては、ノンフィクションであると、私は確信しています。

気になる方は、是非本を手に取ってみてください。

 

直木賞の選出理由は?

”天才”藤崎彩織さんが、

なぜ、直木賞にノミネートされたのか?

審査員の好みはさておき、

考えられる理由としては、以下の2つがあります。

 

①芸術性に満ち溢れた文章能力

『ふたご』を実際に読まれると納得できますが、

”天才”・”文才”の藤崎彩織さんは、その文章能力にも光るものがあります。

一部ファンでは、

本が出版される前から注目されていました。

Saoriさんのオフィシャルブログはこちらからご覧ください。

 →https://ameblo.jp/sekaowa/

 

②リアルな世界観がエンターテインメント!

『ふたご』の相手は深瀬では!?

と思わせるような、リアルな世界観が反響を呼んでいますが、

この反響そのものが、大衆文学作品としての輝きを示していますよね。

我々読者が求めているのは、ありきたりな物語ではなく、

人間らしい物語だったりしますからね。

時に、昼ドラのようなドロドロ感を好む方も多くいるわけです。(笑)

残念ながら『ふたご』には、昼ドラのようなドロドロ感はありませんが、

『フィクション?それともノンフィクション!?』

、、、こう考えさせられること自体が、おもしろさの一つではあります。

 

③出版業界を活気づけるため

又吉直樹さんが『芥川賞』を受賞したことで、大きな話題になりましたよね。

”普段本を読まない人も『火花』は読んだ”

このような現象が、巷では起きていました。

”芸能人の影響力を借りて、出版業界を盛り上げよう!”

という出版業界の意図が、少なからずあるでしょう。

私のまわりでも

『藤崎彩織さん 直木賞 ノミネート』

というニュースを見て、すかさず書店に向かって行った者もいます。

右肩下がりの出版業界にとって、藤崎さんの存在は、

強力な救世主と断言できるでしょう。

 

 

まとめ

執筆家としての藤崎彩織さんはいかがでしたか?

直木賞らしい大衆文学作品の『ふたご』

今回直木賞にノミネートされたことで、

反響が反響を呼び、ますます売上アップが見込めます!

『直木賞』の結果発表は2018116日。

必見です!!

イスラボニータのチーター走法も見納め!2017年引退する名馬たち

2017年有馬記念は世相馬券で決まり!?今年の漢字は…

関連記事

  1. 青木源太アナの人気はジャニーズの影響?好きな男性アナウンサーラン…

    2017年12月1日(金)に発表された、『好きなアナウンサーランキング2017』(男性編)。…

  2. 山名裕子の旦那は誰?夫の河合佑樹がイケメンすぎる【画像あり】

    カウンセリングだけでなく、著書やテレビにも出演されている臨床心理士の山名裕子さん。なんと…

  3. 宇野昌磨のコーチは誰?ラブラブと話題の樋口美穂子がすごい!

    平昌オリンピックで金メダル獲得が期待される男子フィギュアスケートの宇野昌磨選手。宇野選手の甘…

  4. 鬼塚雅が可愛い!母親が”美人すぎる”と話題に【画像あり】

    今回は平昌オリンピックでメダル獲得が期待される、女子スノーボーダーの鬼塚雅選手について、お伝えし…

  5. 広瀬すずの兄はイケメンだけど無職?飲酒運転で逮捕【画像あり】

    今回は広瀬すずさんと広瀬アリスさんのお兄さんについて、情報をお届けしていきます。広瀬アリス・…

  6. 【元乃木坂46】メンバーの現在と卒業理由とは?畠中清羅は結婚!

    元乃木坂46の畠中清羅さんが結婚を発表されました。乃木坂46には”恋愛禁止”という絶対的なル…

  7. かとうれいこが旦那と離婚?子供(娘)の綺麗で可愛い画像をご紹介

    今回はタレントのかとうれいこさんとその家族について、お伝えしていきます。かとうれいこ プロフ…

  8. ”ユミパン”こと永島優美アナが初スキャンダル!父は永島昭浩?

    現在フジテレビの看板アナウンサーと言われている”ユミパン”こと永島優美アナウンサー。カトパン…

【新着情報ばこちらのLINE@から】

【新着情報ばこちらのLINE@から】

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

PAGE TOP