2018年プロ野球年俸ランキング!1番の選手と球団はいくら?

プロ野球選手の契約更改を見ると、なんだかワクワクしてきますよね。

プロ野球は、毎年オフシーズンになるとニュースで選手の年俸が公開されますが、

”あえて公開する”、

そして、あそこまで大きくニュースになるのは、

野球だけではないでしょうか?

しかし、そのニュースがプロ・アマチュア問わず、

多くの野球選手のモチベーションになっているのは確かなようです。

日本のプロ野球が世界トップクラスなのは、

良い意味で”お金”が少なからず影響しているでしょう。

プロ野球選手=お金持ち

プロ野球選手=豪遊

こんなイメージを持っている方は多くいますからね。

さて、今回はプロ野球選手、並びにプロ野球球団の金銭事情についてお伝えしていきます。

夢のある世界ですから、楽しんでお読みください(^ ^)

2018年 年俸ランキング(選手編)

2018年の、プロ野球選手年俸ランキングTOP30をまとめました。

1、メヒア    (西武)     5億円

1、サファテ   (西武)     5億円

1、金子千尋   (オリックス)  5億円

4、菅野智之   (巨人)     4.5億円

5、ゲレーロ   (巨人)     4億円

5、柳田悠岐   (ソフトバンク) 4億円

5、内川聖一   (ソフトバンク) 4億円

5、バンデンハーク(ソフトバンク) 4億円

5、デスパイネ  (ソフトバンク) 4億円

5、和田毅    (ソフトバンク) 4億円

5、摂津正    (ソフトバンク) 4億円

5、松田宣浩   (ソフトバンク) 4億円

5、鳥谷敬    (阪神)     4億円

5、糸井嘉男   (阪神)     4億円

15、五十嵐亮太  (ソフトバンク)  3.6億円

16、マシソン   (巨人)      3.55億円

17、筒香嘉智   (DeNA)     3.5億円

18、メッセンジャー(阪神)      3.5億円

18、坂本勇人    (巨人)    3.5億円

20、ロサリオ    (阪神)    3.4億円

21、バレンティン  (ヤクルト)  3.34億円

22、ジョンソン   (広島)    3.2億円

23、増井浩俊    (日ハム)   3億円

23、岸孝之     (楽天)    3億円

23、陽岱鋼     (巨人)    3億円

26、山田哲人    (ヤクルト)  2.8億円

26、中村剛也    (西武)    2.8億円

28、ロメロ     (オリックス) 2.75億円

29、マギー     (巨人)    2.66億円

30、則本昂大    (楽天)    2.5億円

改めて見ると、やはりプロ野球選手の年俸はすごいですよね!

ちなみに、2018年は96人の選手が1億円プレーヤーとなっています。

あれ、”孫さんの球団”に年俸4億円プレーヤーがたくさんいますね。。

次に、年俸を支払う側の”球団”に目を向けてみましょう。

 

2018年 年俸ランキング(球団編)

年俸が高い球団といえば

、、、、、『巨人』!

かつてはこのようなイメージがありましたが、今は違います。

2018年の、プロ野球球団の年俸ランキングは以下の通りです。

(サンスポより引用)

1位は巨人ではなく、ソフトバンクなんです!!

4億円プレーヤーが7人もいるワケですから、

選手編のランキングを見ただけでも一目瞭然でしたよね。

ソフトバンクの合計年俸が42億800万円に対し、

一番少ないDeNAの合計年俸は15億8622万円。

DeNAの支給年俸は、実にソフトバンクの37.7%程しかないんです。。

球団の格差が表れていると思いませんか?

もちろん、プロ野球の球団を持つような会社は全てが大企業ですが、

その中でも”差”があるということですね。

 

球団の売上高ランキング

ここで、一旦野球から目を引いて考えていきましょう。

次に見るべきは、親会社の2016年における”売上高”です。

以下、ランキング形式でまとめました。

(それぞれ各公式HPより調べました。)

1、ソフトバンクグループ 8兆9010億円

2、オリックス     2兆3692億200万円

3、日本ハム       1兆2128億円

4、楽天            7819億1600万円

5、読売新聞            6450億円

6、西武              5080億8100万円

7、ヤクルト            3904億1200万円

8、日本ロッテ       3232億円(日本ロッテ)

9、DeNA             1438億600万円

10、中日新聞           1367億2260万円

11、阪神電鉄           852億2200万円

※広島には親会社がないので例外

→詳しくは『広島カープを応援したくなる!驚くべき球団経営とは?』

やはり、ソフトバンクが飛び抜けていますね。

巨人は読売新聞。

新聞市場自体が年々右肩下がりなので、

その影響がかつての”最強 巨人”を変化させている要因と言えるでしょう。

しかし、親会社がどれだけプロ野球事業に注力するかは別問題。

親会社の”意向”にも目を向ける必要がありますね。

 

球団の財力=チームの強さ!?

球団の財力 = チームの弱さ”

このような方程式が成り立つのか、疑問を持たれた方もいると思います。

これについては、少なからず影響はあります。

理由としては、

選手の補強を積極的にできるから

年俸が高い方が選手のモチベーションがUPするから

などが考えられます。

しかし、必ずしも財力が強さではありません。

2017年の日本シリーズを振り返ってください。

パ・リーグからはソフトバンク。

セ・リーグからはDeNA。

、、、。

ソフトバンクは選手の平均年俸が最も高いチームであるのに対して、

DeNAは選手の平均年俸が最も低い球団です。

つまりそれは、球団の財力 = チームの弱さ”方程式が成り立たないことを意味しています。

結果はソフトバンクが優勝しましたが、

DeNAも引けを取らぬ戦いを見せてくれました。

この背景を知っている方は、今後DeNAを応援したくなる気持ちが出てくるかもしれません。

あくまでもプロ野球は、野球を競う場所。

とはいえ、親会社が球団に与える影響が少なからずあることも頭に入れた上で、

見方を変えて楽しんでみてはいかがでしょうか。

『ステマ』のメリット・デメリット!”ヤラセ”・”サクラ”対策とは?

”インスタポエマー”とは?Instagramのイタイ投稿4選

関連記事

  1. 葛西紀明の子供はレジェンドになるのか?妻レイチェルと娘が可愛い

    平昌オリンピックで日本選手団の旗手を務める『レジェンド』、葛西紀明選手。・レジェンドは子…

  2. 那須川天心の対戦相手は”にゃんこスター”!?RIZIN2017

    今年の大晦日、主役はRIZIN2017に出場する”神童”、那須川天心選手ではないでしょうか。…

  3. 宇野昌磨のコーチは誰?ラブラブと話題の樋口美穂子がすごい!

    平昌オリンピックで金メダル獲得が期待される男子フィギュアスケートの宇野昌磨選手。宇野選手の甘…

  4. 葛西紀明の高校はどこ?学生時代から『レジェンド』だった…

    今回は、平昌オリンピックでメダル獲得が期待される葛西紀明選手について。現在、『レジェンド…

  5. 高木美帆に彼氏はいるの?すっぴんが可愛いけど化粧した顔も美人!

    今回は、平昌オリンピックに出場する、女子スピードスケートの高木美帆選手についてお伝えしていき…

  6. 宇野昌磨の筋肉がすごい!低身長の原因は遺伝と筋トレのやりすぎ?

    今回は平昌オリンピックに出場する、男子フィギュアスケートの宇野昌磨選手についてお伝えしていき…

  7. 堀島行真のスポンサーはどこ?宇野昌磨と同級生!中京大学がすごい

    今回は、平昌オリンピックに出場する男子フリースタイルスキー(モーグル)の堀島行真選手について…

  8. 葛西紀明はアイヌ民族の末裔なのか?その特徴と根拠とは?

    今回は、平昌オリンピックでメダル獲得が期待される『レジェンド』、葛西紀明さんについてお伝えし…

【新着情報ばこちらのLINE@から】

【新着情報ばこちらのLINE@から】

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

PAGE TOP